パラオ

パラオ
パラオ

パラオ共和国コロール州知事からの日本初の特別認定証

日本から直行便で4時間15分。そこは、大小200余りの緑濃い木々に覆われた島からなる、南海の楽園と呼ぶに相応しいパラオです。コバルトブルーの海に浮かぶ島々では、大自然と魂が溶け合って、訪れた人々の心を深く癒してくれることでしょう。海には、ナポレオン、マンタ、バラクーダが戯れ、島々には手付かずの自然が残されています。
大自然と一緒に暮らすパラオの人達は、いつも笑顔を絶やしません。それは、時間に追われない生活の中で培われた、いつしか私達が忘れてしまった大切な本当の生き方なのかもしれません。
そんなパラオに、《自然から生れて、自然に還る!》という考え方をベースとして、日本での対応からパラオでの万全の受け入れまでの体制が整いました。 
パラオ海洋自然葬(散骨)で、大切な人をパラオの大自然の海にお還しするとき、大自然と魂が融合して深く癒され、最高のご供養になることでしょう。

 

実施内容 (チャーターによる海洋自然葬)

パラオ
パラオ
パラオ

チャーター海洋自然葬とは、ご親族の皆様が1~17様まで同乗して行う海洋自然葬 (散骨)のことです。
海洋自然葬(散骨)の全体所要時間は、内容により、3~7時間が目安となります。
ご依頼主様のご要望を細かくお聞きして、実施プログラムを作成いたします。

  • ご依頼主様が最大で17人まで乗船できる専用クルーザーから、海洋自然葬(散骨)をゆったりと行うことができます。
  • コバルトブルーの海に浮かぶ、パラオ政府から上陸が許された、緑の木々が生い茂る8ヶ所の無人島が間近に見える海域で、海洋自然葬(散骨)を行うことができます。
  • 1.ウーロン島 2.マージービーチ島 3.ガルメヤウス島 4.ネコ島 5.イノキアイランド 6.グス島 7.ロングビーチ島 8.オモカン島

  • ご希望により、カヤックに乗り海洋自然葬(散骨)を行うことも可能です。
  • 海洋自然葬(散骨)終了後に、緑が生い茂る無人島の白砂の上で、バーベキューを楽しんだり、シュノーケリングなどをすることもできます。
  • 海洋自然葬(散骨)終了後に、多少時間がかかりますが、夢見る様に美しいロックアイランドエリアを、大切な人を偲びながら、廻られることもお薦めです。
  • 価格:2名様まで 470,000円~530,000円(消費税を含みます。)
  • 1名様追加毎に、20,000円を申し受けます。

 

 

価格に含まれる事項(チャーター海洋自然葬の場合)

  • 1.ご遺骨の粉末化
  • 2.ご遺骨の水溶紙袋詰め
  • 3.クルーザーなどのチャーター料
  • 4.航行料
  • 5.ご依頼主様の乗船料
  • 6.海洋自然葬実施証明書
  • 7.記念スナップ写真
  • 8.海洋自然葬(散骨)の実施時音楽(ご希望の曲の選定及び持ち込み)
  • 9.各種証明書の翻訳料
  • 10.献花代(ご希望に極力添うもの)
  • 11.記念配布資料代(エンディングノート《もしもノート》などを配布)
  • 12.現地コーディネイト代
  • 13.船内及び島での軽食代(実施の時間帯により異なります。)
  • 14.宿泊場所から発着場までの送迎代
  • 15.海洋自然葬実施に伴う環境税
  • 16.日本での調整とコンサルタント料
パラオ

 

委託(代行)海洋自然葬

パラオ

ご希望の場合は委託(代行)海洋自然葬もお受けいたします。
380,000円
委託(代行)海洋自然葬とは、安心と信頼のもと、株式会社ピアーネットワークが、ご遺骨のみをお預かりして、ご親族が一人も参加されない海洋自然葬(散骨)のことです。

いずれのコースもご依頼主様のご要望を細かくお聞きして、微調整をいたします。その他詳細なことは、お気軽にご相談ください。

パラオ海洋自然葬代金のお支払は、実施日の30日前までに、所定口座へのお振込をお願いいたします。

パラオまでの渡航費用・ホテル宿泊費、パラオ滞在期間中のオプショナルツアーやお食事代金などは、パラオ海洋自然葬費用には含まれておりません。

 

オプショナル企画(お気軽にご相談ください)

以下の内容は、すべて別途料金にて承ります。お気軽にご相談ください。

  • 日本からパラオへの渡航手続きやご宿泊の手配も、ご要望によりお受けいたします。
  • パラオ滞在期間中のオプショナルツアーやお食事会のセットもお受けいたします。
  • パラオ海洋自然葬のオリジナル記念DVD制作を、お受けいたします。
  • 一流のプロによる記念集合写真の撮影も承ります。
パラオ

 

実施プログラムの概要

第1日目
(出発日)
実施プログラム 第2日目
(自由行動)
実施プログラム 第3日目
(実施日)
実施プログラム 第4日目
(振替日?)
・・・・ 帰国日

上記のプログラムは、あくまで基本パターンです。パラオ到着当日でも、時間的には、海洋自然葬(散骨)の実施は可能ですので、ご相談に応じて、柔軟に対応させていただきます。

実施日までの流れ(概要)

<2ヶ月前までに>
 お申込み確定と同時にクルーザーなどの予約完了。 パラオ行きのパスポート・飛行機・ホテルなどの手配。
<1ヶ月前までに>
 ご依頼主様と、実施プログラムなどの詳細の打ち合わせの完了。 ご遺骨をお預かりして、粉末化の完了。
<2週間前までに>
 ご遺骨をパラオに持ち込むための書類の作成。
<1週間前までに>
 パラオ滞在期間中の全体プログラムなどの詳細の確認。
<パラオへ出発>
 成田・関空などからパラオに出発。

パラオ海洋自然葬(散骨)は約一ヶ月先でも実施は可能です。 ただし、万全を期して臨むためには、40日~60日以上の猶予があれば理想的です。

パラオマップ

パラオ

詳しいご案内とご相談は、株式会社ピアーネットワークまで